不倫願望の世代を味方に 斉藤由貴“無作為”会見の作戦勝ち

公開日:

 斉藤由貴(50)の50代開業医との不倫騒動が尾を引いている。

 話題の中心は疑惑を否定した先週3日の会見だ。医師でタレントの西川史子(46)が「言い訳を医者の仕事にしたっていうのが、すごく小ざかしい」と斬れば、和田アキ子(67)も「何言ってるか全然分からへんかった」とし、テレビでは批判コメントが続くが、そんな声とは対照的に「色っぽいし、まあいいんじゃないか」といった理解を示すコメントがネット上だけでなく、斉藤が出演したラジオ番組にも数多く寄せられているというのだ。

 同じ不倫でも、世間の怒りを買いまくっている今井絵理子参院議員(33)や渡辺謙(57)らとは、ぜんぜん違った反響なのである。CM出演中のKDDIなど2社も静観しているし、「むしろ女優としての価値を高めた」という評価まで。

 この違いはどこにあるのか。芸能リポーターの城下尊之氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る