• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

不倫の核心語らず…斉藤由貴に芸能リポーターが疑問の声

 疑惑を打ち消すには至らなかった。週刊文春で50代開業医との不倫が報じられた女優の斉藤由貴(50)が3日夜、都内で記者会見を行った。

 マンションで密会と報じられた医師については「家族みんながお世話になっているお医者さん」と話したが、手つなぎ映画デートについてリポーター陣から突っ込まれると、「実はあまり記憶がなくて。すごく一瞬のこと」と釈明。「私にとってはアドバイザーであり、子供のことなど相談できる人」と話した。

「質問をのらりくらりとポイントをずらして、核心部分についてはぜんぜん語っていません。会見を見た一般の人はどう判断するのか。関係を否定してもしきれないでしょう」(芸能リポーター・川内天子氏)

 今回で自身3度目の不倫報道となった斉藤。女優としては目下、絶好調だが、50を過ぎて忘れていた魔性の血が再びたぎり始めたとしたら離婚一直線か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  8. 8

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る