不倫の核心語らず…斉藤由貴に芸能リポーターが疑問の声

公開日:

 疑惑を打ち消すには至らなかった。週刊文春で50代開業医との不倫が報じられた女優の斉藤由貴(50)が3日夜、都内で記者会見を行った。

 マンションで密会と報じられた医師については「家族みんながお世話になっているお医者さん」と話したが、手つなぎ映画デートについてリポーター陣から突っ込まれると、「実はあまり記憶がなくて。すごく一瞬のこと」と釈明。「私にとってはアドバイザーであり、子供のことなど相談できる人」と話した。

「質問をのらりくらりとポイントをずらして、核心部分についてはぜんぜん語っていません。会見を見た一般の人はどう判断するのか。関係を否定してもしきれないでしょう」(芸能リポーター・川内天子氏)

 今回で自身3度目の不倫報道となった斉藤。女優としては目下、絶好調だが、50を過ぎて忘れていた魔性の血が再びたぎり始めたとしたら離婚一直線か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る