不倫の核心語らず…斉藤由貴に芸能リポーターが疑問の声

公開日: 更新日:

 疑惑を打ち消すには至らなかった。週刊文春で50代開業医との不倫が報じられた女優の斉藤由貴(50)が3日夜、都内で記者会見を行った。

 マンションで密会と報じられた医師については「家族みんながお世話になっているお医者さん」と話したが、手つなぎ映画デートについてリポーター陣から突っ込まれると、「実はあまり記憶がなくて。すごく一瞬のこと」と釈明。「私にとってはアドバイザーであり、子供のことなど相談できる人」と話した。

「質問をのらりくらりとポイントをずらして、核心部分についてはぜんぜん語っていません。会見を見た一般の人はどう判断するのか。関係を否定してもしきれないでしょう」(芸能リポーター・川内天子氏)

 今回で自身3度目の不倫報道となった斉藤。女優としては目下、絶好調だが、50を過ぎて忘れていた魔性の血が再びたぎり始めたとしたら離婚一直線か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  3. 3

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  4. 4

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  10. 10

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

もっと見る