国民的美少女GP井本彩花さん 25歳まで“男断ち”の覚悟

公開日:  更新日:

 女優の米倉涼子(42)、上戸彩(31)、武井咲(23)などを輩出してきた「全日本国民的美少女コンテスト」の第15回大会が8日、3年ぶりに都内で開催。応募総数8万150通の中から京都府出身の中学2年生、井本彩花さん(13)が栄えあるグランプリに輝いた。

 特技は7年間続けているクラシックバレエという井本さん。授賞後にアイドル評論家で作家の中森明夫氏のインタビューにこう答えた。

「東京は高い建物が多くて緊張しました。将来は特技のバレエを生かして武井咲さんのような女優になりたいです。賞金の300万円はお母さんにあげます。25歳まで恋愛禁止でもぜんぜん大丈夫。その覚悟はあります」

 かつて同コンテストの審査員を務め、上戸彩を見いだした中森氏はこう話す。

「とにかく物おじしないところに驚きました。自分よりも大人と接する機会が圧倒的に多い芸能界でこれは大事なこと。伸びしろも含めて楽しみな逸材が現れました」

 03年10月生まれの13歳。可能性の塊に期待だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る