• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

国民的美少女GP井本彩花さん 25歳まで“男断ち”の覚悟

 女優の米倉涼子(42)、上戸彩(31)、武井咲(23)などを輩出してきた「全日本国民的美少女コンテスト」の第15回大会が8日、3年ぶりに都内で開催。応募総数8万150通の中から京都府出身の中学2年生、井本彩花さん(13)が栄えあるグランプリに輝いた。

 特技は7年間続けているクラシックバレエという井本さん。授賞後にアイドル評論家で作家の中森明夫氏のインタビューにこう答えた。

「東京は高い建物が多くて緊張しました。将来は特技のバレエを生かして武井咲さんのような女優になりたいです。賞金の300万円はお母さんにあげます。25歳まで恋愛禁止でもぜんぜん大丈夫。その覚悟はあります」

 かつて同コンテストの審査員を務め、上戸彩を見いだした中森氏はこう話す。

「とにかく物おじしないところに驚きました。自分よりも大人と接する機会が圧倒的に多い芸能界でこれは大事なこと。伸びしろも含めて楽しみな逸材が現れました」

 03年10月生まれの13歳。可能性の塊に期待だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る