国民的美少女GP井本彩花さん 25歳まで“男断ち”の覚悟

公開日: 更新日:

 女優の米倉涼子(42)、上戸彩(31)、武井咲(23)などを輩出してきた「全日本国民的美少女コンテスト」の第15回大会が8日、3年ぶりに都内で開催。応募総数8万150通の中から京都府出身の中学2年生、井本彩花さん(13)が栄えあるグランプリに輝いた。

 特技は7年間続けているクラシックバレエという井本さん。授賞後にアイドル評論家で作家の中森明夫氏のインタビューにこう答えた。

「東京は高い建物が多くて緊張しました。将来は特技のバレエを生かして武井咲さんのような女優になりたいです。賞金の300万円はお母さんにあげます。25歳まで恋愛禁止でもぜんぜん大丈夫。その覚悟はあります」

 かつて同コンテストの審査員を務め、上戸彩を見いだした中森氏はこう話す。

「とにかく物おじしないところに驚きました。自分よりも大人と接する機会が圧倒的に多い芸能界でこれは大事なこと。伸びしろも含めて楽しみな逸材が現れました」

 03年10月生まれの13歳。可能性の塊に期待だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  2. 2

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  8. 8

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

もっと見る