マクドナルドの光と影 「ファウンダー」盛況の3つの理由

公開日:

 お盆連休最終日となった20日の昼下がり。東京・有楽町にある「角川シネマ有楽町」のエレベーターホールには人だかりができていた。観客らのお目当ては、米映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」(ジョン・リー・ハンコック監督)。創業者という意味のタイトル通り、世界最大の外食チェーン「マクドナルド」の誕生秘話を描いた実話モノだ。

 同作の公開は7月29日。すでに1カ月近く経っているにもかかわらず、単館系の興行収入ランキングで3週連続トップ(8月13日付)を記録し、客足はいまも衰え知らず。

「上半期上位の興収をマークした仏カンヌのパルムドール作『わたしは、ダニエル・ブレイク』超えは確実」(映画ジャーナリストの大高宏雄氏)というフィーバーぶりだ。

 物語は1954年、うだつの上がらないシェークミキサーの営業マンだった52歳のレイ・クロックが、マック&ディック・マクドナルド兄弟と出会った当時を描く。たった30秒でハンバーガーを提供するという兄弟が発案したシステムと経営哲学に惚れ込み、フランチャイズ化を画策するレイ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る