20年奴隷契約に反旗 ローラvs事務所「全面戦争」の舞台裏

公開日: 更新日:

「ちょっと聞いたことがない」と、芸能プロ関係者も驚いている。タレントのローラ(27)と所属事務所との契約トラブルが騒動に発展している。ローラが契約終了を求める申し入れ書を事務所に送付したと22日のスポニチで報じられたのだが、ローラ側が明かしたという事務所との契約内容が驚きなのだ。

 まず有効期限が満10年と芸能界で類を見ないほど長期に及ぶ上、期間満了の3カ月前までに契約更新しない意向を伝えても、事務所の了承がなければ辞められない。事務所の判断でさらに10年間、契約期間を更新できるようになっているというのである。

 ローラはテレビで売れ出した2010年7月にこの契約を交わしたそうだが、実質20年間の専属契約で不当に拘束されていると主張。

 一方、同事務所にとってローラは昨年の売り上げ推定8億円の9割を稼ぎだした大黒柱とも伝えられる存在だけに、法廷闘争に発展する可能性もありそうだ。芸能リポーターの城下尊之氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

もっと見る