• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

舞台本番直前の鳥居みゆき 女優の仕事は「奴隷に徹する」

 お笑い芸人の鳥居みゆき(36)が今、女優として注目を浴びている。現在公開中の映画が2本、今週21日には舞台「モンスター」に主演する。本番直前の鳥居に、意気込みを聞いた。

 もともとはお笑い芸人を目指していたわけではなかったという。

「脚本家志望で、芝居のコメディーから、もっとお笑いを知ろうとしたのがきっかけです。でも不思議なことにお笑いをやったら、役者の仕事が来るようになって、原点に戻りつつあります。ただ、いただく役は“ラッキーアイテムはナイフ”っていうくらい、毎回ハロウィーンばりの血のりメークが基本で。まともな役をやりたいって言ったら、雪女と鶴の恩返しの鶴でした。役者っていうよりコントの延長ですかね」

 演出の松藤豪氏とはもともとパチンコ友達だそう。

「私が“アゲマン”で、一緒に行くと松藤さんのタマが出るのでよく誘われました。初めて一緒に仕事をしてみて、考えは一緒だけど料理の仕方が違うのが楽しい。虐待しても罪悪感のない親の物語なのですが、やりたいことを松藤さんのアタマを借りて全力で吐き出しているせいで、自分の単独ライブでやりたいネタがないくらいです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る