体当たりロケで輝くおかずクラブ 目指すべきは“女版”出川

公開日:

 吉本興業の「ぶちゃいくランキング」常連のオカリナ(32)と、体重100キロのゆいP(31)の凸凹コンビの「おかずクラブ」が、このところぐんぐんと評価を高めている。

 まずはゆいP。9月10日放送の日本テレビ系バラエティー「世界の果てまでイッテQ!」の名物コーナー「温泉同好会」でのこと。映画「世界の中心で、愛をさけぶ」のロケ地となったオーストラリアの渓谷を訪れ「今でも好きだ~。別れた後のほうが好きだ~!」と叫んだ。

 実は今年3月、ゆいPはバラエティー番組の企画でイケメン会社員に告白し、交際をスタートさせたものの7月に破局。その元カレと撮った写真や連絡先が消せずにいるゆいPに、オカリナが「消そう」と提案。一番楽しかった思い出というピクニックの写真を消去。「これで次の恋に進める」と芸人仲間に励まされ、ゆいPは涙を流した。これには視聴者も感動し、「そこらの恋愛ドラマよりグッときた」「不覚にも泣いてしまった」などの共感メッセージが殺到したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  8. 8

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  9. 9

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  10. 10

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

もっと見る