50歳で出産し即離婚…ジャネット再始動の裏にDV後遺症

公開日: 更新日:

 ジャネット・ジャクソン(51)が今月、離婚後初のワールドツアーを再開。体形も歌唱力も出産前と変わらぬジャネットだったが、DVを題材にした新曲を披露し、泣き崩れ話題になった。曲の題材は自身の結婚生活におけるDV体験をもとにしており、当時のことがフラッシュバックしたのだという。

 カタールの大富豪・ウィサム・アル・マナ氏(42)と2012年に結婚、昨年秋に妊娠が発覚し、急きょワールドツアーを途中キャンセル。今年1月に長男が誕生するも、3カ月後に離婚した。

 ウィサム氏は、兄・マイケルの死、恋人との別離で傷心しきった彼女を精神、金銭両面で支えた。その半面、イスラム教の貞淑な妻を好み、ブルカと呼ばれる黒頭巾の着用を求め、度重なる言葉によるDVがあったという。

 兄のランディは「ジャネットは監獄にいるような気分」だったと語っている。妊活中にもかかわらず、ツアーを敢行していたのも、産後の超スピード離婚も、“つらい結婚生活から逃れるための方便”だったのだろうと推測されている。芸能リポーターの川内天子氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

  9. 9

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  10. 10

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

もっと見る