戦争映画の金字塔 「ダンケルク」人気の理由を評論家解説

公開日:

「ダークナイト」「インセプション」のクリストファー・ノーラン監督の最新作「ダンケルク」が好調だ。興収ランキングでは首位スタート、しかもエンタメ作じゃないのに5~6人に1人のお客さんが割高なIMAX上映版を観賞するという、熱のこもった興行となっている。

 物語の舞台は第2次世界大戦の西部戦線。フランスの北端ダンケルクに追い詰められた英仏軍40万人を救出するため、民間船まで総動員して行われた史上最大の撤退作戦を描く戦争ドラマだ。その魅力を映画批評家の前田有一氏が解説する。

「CG全盛の現代に、あえてアナログな手法で撮られた映像の迫力につきるでしょう。海岸に集結した大軍のシーンでは6000人ものエキストラを使い、海に浮かぶ駆逐艦も本物。空戦の場面では稼働する当時の戦闘機にカメラを載せて実際に飛ばしました。これら骨董品のような機体や船体の修復だけでも数億円単位のカネをつぎ込んでいる。ハリウッドといえど、そんなムチャが許されるのはこの監督の映画くらいです。だから観客としても、せっかく見るならばとIMAXの大画面を選ぶのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

  9. 9

    手当削減で高給に陰り…セールスポイント失った銀行の惨状

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る