• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

戦争映画の金字塔 「ダンケルク」人気の理由を評論家解説

「ダークナイト」「インセプション」のクリストファー・ノーラン監督の最新作「ダンケルク」が好調だ。興収ランキングでは首位スタート、しかもエンタメ作じゃないのに5~6人に1人のお客さんが割高なIMAX上映版を観賞するという、熱のこもった興行となっている。

 物語の舞台は第2次世界大戦の西部戦線。フランスの北端ダンケルクに追い詰められた英仏軍40万人を救出するため、民間船まで総動員して行われた史上最大の撤退作戦を描く戦争ドラマだ。その魅力を映画批評家の前田有一氏が解説する。

「CG全盛の現代に、あえてアナログな手法で撮られた映像の迫力につきるでしょう。海岸に集結した大軍のシーンでは6000人ものエキストラを使い、海に浮かぶ駆逐艦も本物。空戦の場面では稼働する当時の戦闘機にカメラを載せて実際に飛ばしました。これら骨董品のような機体や船体の修復だけでも数億円単位のカネをつぎ込んでいる。ハリウッドといえど、そんなムチャが許されるのはこの監督の映画くらいです。だから観客としても、せっかく見るならばとIMAXの大画面を選ぶのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る