平昌五輪後は表現力重視に 浅田真央“早すぎた”現役引退

公開日:

「気持ちも体も気力も全部出し切った。何も悔いはない」――。

 12日に記者会見し、現役生活にピリオドを打ったフィギュアスケートの浅田真央(26)。今後は「経験したことを忘れずに、笑顔で前に進みたい」と、何らかの形でフィギュアスケートに携わっていくと明かした。

 長らく女子フィギュアスケート界を牽引した浅田の引退には、各界の著名人からねぎらいの言葉が寄せられたが、その一方で「リンクを去るのが早すぎた」とみるスケート関係者は少なくない。

 浅田は引退の理由について、「今のスケート界の時代はすごいので、私自身、ついていけるのかなという思いが強くなったり、気持ちだったり、体の部分で復帰前よりもつらいことが多くなった」と、国内外の若手の台頭を挙げた。ロシア勢を中心とする若手スケーターに太刀打ちできないと判断したのだろうが、ベテランの浅田には彼女たちに対抗できる可能性が残されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る