深夜ドラマで注目 岡野真也は“マイペース”でブレーク寸前

公開日:  更新日:

 木村多江(46)の怪演ぶりが話題の深夜ドラマ「ブラックリベンジ」(読売テレビ・日本テレビ系)に出演し、赤丸急上昇中。来月4日には初主演映画「ゆらり」(横尾初喜監督)の公開も控えている。ネクストブレーク女優、岡野真也(24)の“素顔”に迫った。

「真也」と書いて「マヤ」と読む。幼少期には男の子と間違えられることもあったが、画数の良さから本名でデビューしたという。芸能界入りのきっかけは、05年開催のオーディション。父親からすすめられ、「履歴書の自己PRは父が考えた一言一句をそのまま書き写した」と苦笑いする。

 演技経験もゼロだったが、愛くるしい容姿だ。ファイナリストまで残り、現在の事務所「ソニー・ミュージックアーティスツ」に所属。芸能コースのある都内の学校へ転入する道は選ばず、地元の栃木でおおらかな学生生活を送った。同オーディション出身者には、グランプリの蓮佛美沙子ほか、土屋太鳳らがいる。一足早く活躍する姿を見ても「全く焦りはなかった」と振り返る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る