映画にドラマにフル回転 新垣結衣は“優等生の反動”が心配

公開日:

 公開前にして「ヒット確実」をモノにした。新垣結衣(29)と瑛太(34)のダブル主演作「ミックス。」(21日公開、東宝系)の前売り券の売れ行きが絶好調だという。

 興収関係者の話。

「前週対比で129%。ミックスはフジテレビと東宝の共同製作ですが、同様に綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずを起用した『海街diary』(2015年)と比較しても140%強の売れ行きを見せています」

 この数字について、映画ジャーナリストの大高宏雄氏は「前売りの動向は選挙と同じ。公開日に向け右肩上がりの伸びを見せるのは作品の勢いそのものを表している。劇場の予告編も観客のリアクションもすこぶる良く、期待が持てる」と分析する。

■所属事務所の貴重な“無傷女優”

 卓球の男女混合ダブルスペアで全国制覇を狙い獅子奮迅する姿を描いたロマンチックラブコメディー。コメディエンヌの本領発揮となる作品だが、かくも注目度が高まる理由は人気絶頂のガッキー効果に他ならない。宣伝要員としてメディアにも出まくり、今週のテレビ出演だけでも10本超と引っ張りだこだ。16年10月期クールの「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)の大ヒット以降、昨年末はNHK紅白にも駆り出され、映画の撮影、連ドラ出演などこの1年、休む間もなく働きづめ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る