今年も着々準備か 「ガキ使」バス目撃情報がSNSで拡散中

公開日:  更新日:

 大みそか恒例の人気番組が今年も――? 6日朝ごろから、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の年末特番「笑ってはいけないシリーズ」の収録準備とみられる画像がツイッター上に相次ぎ投稿され、拡散している。

 いずれも、同シリーズで登場するバスとみられる車両を撮影したもので、車体の色は白、アルファベットの飾り文字や、同番組の演出家・ヘイポー(斉藤敏豪氏)の似顔絵らしきデザインも写り込んでいる。

 昨年は平均視聴率が第1部17.7%、第2部16.1%を記録するなど(ビデオリサーチ調べ、関東地区)、毎年好評を博す同シリーズ。ただ、近年は松本人志(54)や浜田雅功(54)が「今回が一番お尻が痛かった」「スタッフとの信頼関係がゼロになった」「痛み止めを飲んで撮影した」などと冗談を交えつつ吐露。番組からの“卒業希望”をにおわせているのではないかと、ファンをやきもきさせている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る