碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

“チーム半沢”の個性が光る 「陸王」は署名性のあるドラマ

公開日:

 小さな者が大きな者に挑む。弱い者が強い者に挑む。「陸王」(TBS系)は、あきらめずに挑戦する者たちの熱いドラマだ。

 物語の舞台は、埼玉県行田市にある老舗の足袋メーカー、こはぜ屋。会社の将来を考えた4代目社長の宮沢(役所広司)が、ランニングシューズの開発に乗り出す。それが「陸王」だ。

 しかし銀行は融資を渋るどころか、20人しかいない社員のクビを切るリストラを強要してきた。だが宮沢はそれをはねつけ、「陸王」への取り組みを本格化させる。さらに試作品が出来ても、一流のランナーは大手メーカーに囲い込まれており、そう簡単に履いてはくれない。ようやく茂木選手(竹内涼真)が試してくれたのは、第2話の終わりだった。

 原作は池井戸潤。脚本が八津弘幸。そして伊與田英徳プロデューサーに福澤克雄ディレクター。「半沢直樹」や「下町ロケット」で知られる“チーム半沢”による制作であり、特に福澤の存在が大きい。同じ日曜劇場で「南極大陸」や「華麗なる一族」なども手掛けてきたが、“男のドラマ”の見せ方が実にうまいのだ。

 物語の流れにおける緩急のつけ方。キャラクターの際立たせ方。アップと引きの画の効果的な使い方などに、“福澤タッチ”と呼びたい個性が光る。「陸王」は、そんな“署名性のあるドラマ”の一本だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る