阿川佐和子の起用で読み解く「陸王」のキャスティング力

公開日:

 池井戸潤原作×TBS日曜劇場のタッグも第4弾。「半沢直樹」(13年)、「ルーズヴェルト・ゲーム」(14年)、「下町ロケット」(15年)に続く人気シリーズだけに“客”はしっかりとついており、新作「陸王」(21時~)は初回視聴率14.7%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)と好発進を切った。

 100年以上続く老舗足袋メーカー「こはぜ屋」が会社存続をかけ、ランニングシューズの開発に挑む企業再生物語。連ドラの出演は久しい“映画俳優”の役所広司(61)が主演に起用され、熱のこもった演技を披露している。しかし、それに輪をかけて発奮しているのが連ドラ初レギュラーの阿川佐和子(63)だ。頭巾姿で食堂のおばちゃんのような添え物役かと思いきや、「こはぜ屋」の現場を取り仕切る女番頭。同僚にとどまらず、雇用主である役所にもハッパをかけ、物申す重要な役どころを担っている。「阿川はTBS枠での起用ではないか」とはコラムニストの桧山珠美氏。こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る