阿川佐和子の起用で読み解く「陸王」のキャスティング力

公開日: 更新日:

 池井戸潤原作×TBS日曜劇場のタッグも第4弾。「半沢直樹」(13年)、「ルーズヴェルト・ゲーム」(14年)、「下町ロケット」(15年)に続く人気シリーズだけに“客”はしっかりとついており、新作「陸王」(21時~)は初回視聴率14.7%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)と好発進を切った。

 100年以上続く老舗足袋メーカー「こはぜ屋」が会社存続をかけ、ランニングシューズの開発に挑む企業再生物語。連ドラの出演は久しい“映画俳優”の役所広司(61)が主演に起用され、熱のこもった演技を披露している。しかし、それに輪をかけて発奮しているのが連ドラ初レギュラーの阿川佐和子(63)だ。頭巾姿で食堂のおばちゃんのような添え物役かと思いきや、「こはぜ屋」の現場を取り仕切る女番頭。同僚にとどまらず、雇用主である役所にもハッパをかけ、物申す重要な役どころを担っている。「阿川はTBS枠での起用ではないか」とはコラムニストの桧山珠美氏。こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  5. 5

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  9. 9

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  10. 10

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る