山本彩らAKBグループ グアム観光“インスタグアマー”就任

公開日: 更新日:

 グアム政府観光局の#instaGuamキャンペーンの「公式インスタグアマー」に、NMBの山本彩(24)、AKBの入山杏奈(22)、SKEの古畑奈和(21)、NGTの荻野由佳(18)、HKTの朝長美桜(19)、NMBの太田夢莉(18)ら6人が就任。1日、グアムで任命式を行った。

 インスタグアマーとは「インスタ」と「グアム」のミックスした造語で、インスタを駆使してグアムの良さを伝える、ニュータイプの観光大使だ。

「お仕事なのにこんなに楽しくていいんかな、って思うくらい楽しくて。素の私たちの姿が詰まったインスタ画像がいっぱいです。今回はグアムの魅力を伝えるためにいろいろチャレンジして、入山杏奈ちゃんと2人でビーチヨガをしました」とは山本。

「グアムはどこを撮っても“映える(=インスタ映えする)”! 私はビーチで水遊びが楽しかったです。水着は……2018年にはやりそうな“女子ウケ”しそうなビキニです!」と入山もグアムを満喫の様子である。

 就任に伴い、来春にはAKBグループのグアムライブも開催決定。「ビーチでライブもいいですね!」と言う山本は握手会に並ぶファンの半数以上が女性という“女子ウケ”ナンバーワン。インスタでつづる「AKBのリア充グアム」で、グアムがインスタ女子の“聖地”になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  3. 3

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  4. 4

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  5. 5

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  6. 6

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  7. 7

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  8. 8

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  9. 9

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る