山本彩らAKBグループ グアム観光“インスタグアマー”就任

公開日:  更新日:

 グアム政府観光局の#instaGuamキャンペーンの「公式インスタグアマー」に、NMBの山本彩(24)、AKBの入山杏奈(22)、SKEの古畑奈和(21)、NGTの荻野由佳(18)、HKTの朝長美桜(19)、NMBの太田夢莉(18)ら6人が就任。1日、グアムで任命式を行った。

 インスタグアマーとは「インスタ」と「グアム」のミックスした造語で、インスタを駆使してグアムの良さを伝える、ニュータイプの観光大使だ。

「お仕事なのにこんなに楽しくていいんかな、って思うくらい楽しくて。素の私たちの姿が詰まったインスタ画像がいっぱいです。今回はグアムの魅力を伝えるためにいろいろチャレンジして、入山杏奈ちゃんと2人でビーチヨガをしました」とは山本。

「グアムはどこを撮っても“映える(=インスタ映えする)”! 私はビーチで水遊びが楽しかったです。水着は……2018年にはやりそうな“女子ウケ”しそうなビキニです!」と入山もグアムを満喫の様子である。

 就任に伴い、来春にはAKBグループのグアムライブも開催決定。「ビーチでライブもいいですね!」と言う山本は握手会に並ぶファンの半数以上が女性という“女子ウケ”ナンバーワン。インスタでつづる「AKBのリア充グアム」で、グアムがインスタ女子の“聖地”になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る