2度目の調停であっさり 松居一代と船越英一郎が離婚合意

公開日:

 最高裁まで続く長い法廷闘争になるとみられていた松居一代(60)と俳優、船越英一郎(57)の離婚騒動。2回目の離婚調停が13日、東京家庭裁判所で開かれ、意外にも双方が離婚に合意し、決着したことが分かった。スポーツニッポン(14日)が複数の関係者の話として報じた。

「裁判で争っても仕方ない」という認識で一致し、財産分与については、松居側が船越側の財産を買い取る方向で合意したという。

 この日、松居はジャケット、バッグなどを「戦闘色」の赤で統一したファッションで家裁に出席(写真はオフィシャルブログから)。調停後、報道陣には「私の戦いは続きます」などと語っていた。

 今年6月末に松居が船越を一方的に糾弾する動画を公開して始まった泥沼の離婚騒動。松居は「最高裁まで戦う」と長期化を宣言していたが、半年足らずで幕となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る