セカオワsaori デビュー小説「ふたご」が直木賞候補に

公開日:  更新日:

 第158回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の候補作が20日付で発表され、人気バンド「SEKAI NO OWARI(略称セカオワ)」のSaoriとして活動する藤崎彩織さん(31=顔写真)のデビュー小説「ふたご」が直木賞候補となった。

 候補作「ふたご」は、セカオワのメンバーをほうふつとさせる登場人物らがバンドを結成する過程を描いた作品。発表を受け、藤崎さんは「驚きのあまり言葉を失ってしまいました。苦しみながら作品に向き合ってきたので、伝統ある賞のノミネートという喜びを、これからゆっくりとかみしめたい」とのコメントを発表した。

 選考会は来年1月16日午後5時から東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る