セカオワsaori デビュー小説「ふたご」が直木賞候補に

公開日:  更新日:

 第158回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の候補作が20日付で発表され、人気バンド「SEKAI NO OWARI(略称セカオワ)」のSaoriとして活動する藤崎彩織さん(31=顔写真)のデビュー小説「ふたご」が直木賞候補となった。

 候補作「ふたご」は、セカオワのメンバーをほうふつとさせる登場人物らがバンドを結成する過程を描いた作品。発表を受け、藤崎さんは「驚きのあまり言葉を失ってしまいました。苦しみながら作品に向き合ってきたので、伝統ある賞のノミネートという喜びを、これからゆっくりとかみしめたい」とのコメントを発表した。

 選考会は来年1月16日午後5時から東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る