• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

セカオワsaori デビュー小説「ふたご」が直木賞候補に

 第158回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の候補作が20日付で発表され、人気バンド「SEKAI NO OWARI(略称セカオワ)」のSaoriとして活動する藤崎彩織さん(31=顔写真)のデビュー小説「ふたご」が直木賞候補となった。

 候補作「ふたご」は、セカオワのメンバーをほうふつとさせる登場人物らがバンドを結成する過程を描いた作品。発表を受け、藤崎さんは「驚きのあまり言葉を失ってしまいました。苦しみながら作品に向き合ってきたので、伝統ある賞のノミネートという喜びを、これからゆっくりとかみしめたい」とのコメントを発表した。

 選考会は来年1月16日午後5時から東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る