N響名誉音楽監督デュトワ氏がセクハラで告発される

公開日:

「音の魔術師」との異名を持つ世界的指揮者はとんでもないセクハラ男だったのか。NHK交響楽団の名誉音楽監督を務めるシャルル・デュトワ(81)がクラシックのオペラ歌手3人と演奏家1人からセクハラで告発された。AP通信によると、1985~2010年の間、セクハラ行為を繰り返していたという。

 元メゾソプラノ歌手のパウラ・ラスムッセン(52)は91年9月、米ロサンゼルスのオペラハウスのデュトワの楽屋で「壁に体を押しつけられ、彼の下着の中に手を入れさせられ、口の奥深くまで舌を突っ込まれた」と証言。

 有名なソプラノ歌手シルビア・マクネアー(61)も85年、「リハーサルの後、エレベーターで2人きりになったとたんに壁に私を押しやり、膝を私の脚の間に入れて体を押しつけてきて、覆いかぶさってきた」と暴露した。他にも、匿名で女性2人が被害を訴えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る