• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

ハリウッドセレブも続々 セックス依存症セラピーの効果は

 ハリウッドからメディア、政界を巻き込んだアメリカのセクハラスキャンダルは、12月に入っても沈静する気配はありません。毎日、新たな女性たちが被害を訴え出て、ケビン・スペイシー氏などの人気俳優、著名なジャーナリスト、上院議員らが次々に解雇や辞任に追い込まれています。

 事の発覚後、特にハリウッドセレブらがかかっているのが「セックス依存症セラピー」です。セクハラ行為は、アルコールやドラッグの依存症と同様、セックス依存症が原因になっている。だから治療でその衝動を抑える――との主張ですが、多くの専門家は「本当にそれでセクハラ行為をやめられるのか?」と疑問視しています。

 その理由として、まずセックス依存症自体が存在しないとする説があります。「依存症」は薬物やアルコールに依存することで脳の機能に影響する病気であり、セックス依存でそれが起こるかどうかは医学的に証明されていないといわれているのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る