シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

ハリウッドセレブも続々 セックス依存症セラピーの効果は

公開日:

 ハリウッドからメディア、政界を巻き込んだアメリカのセクハラスキャンダルは、12月に入っても沈静する気配はありません。毎日、新たな女性たちが被害を訴え出て、ケビン・スペイシー氏などの人気俳優、著名なジャーナリスト、上院議員らが次々に解雇や辞任に追い込まれています。

 事の発覚後、特にハリウッドセレブらがかかっているのが「セックス依存症セラピー」です。セクハラ行為は、アルコールやドラッグの依存症と同様、セックス依存症が原因になっている。だから治療でその衝動を抑える――との主張ですが、多くの専門家は「本当にそれでセクハラ行為をやめられるのか?」と疑問視しています。

 その理由として、まずセックス依存症自体が存在しないとする説があります。「依存症」は薬物やアルコールに依存することで脳の機能に影響する病気であり、セックス依存でそれが起こるかどうかは医学的に証明されていないといわれているのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る