• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

ハリウッドセレブも続々 セックス依存症セラピーの効果は

 ハリウッドからメディア、政界を巻き込んだアメリカのセクハラスキャンダルは、12月に入っても沈静する気配はありません。毎日、新たな女性たちが被害を訴え出て、ケビン・スペイシー氏などの人気俳優、著名なジャーナリスト、上院議員らが次々に解雇や辞任に追い込まれています。

 事の発覚後、特にハリウッドセレブらがかかっているのが「セックス依存症セラピー」です。セクハラ行為は、アルコールやドラッグの依存症と同様、セックス依存症が原因になっている。だから治療でその衝動を抑える――との主張ですが、多くの専門家は「本当にそれでセクハラ行為をやめられるのか?」と疑問視しています。

 その理由として、まずセックス依存症自体が存在しないとする説があります。「依存症」は薬物やアルコールに依存することで脳の機能に影響する病気であり、セックス依存でそれが起こるかどうかは医学的に証明されていないといわれているのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

  10. 10

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

もっと見る