シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

ハリウッドセレブも続々 セックス依存症セラピーの効果は

公開日:

 ハリウッドからメディア、政界を巻き込んだアメリカのセクハラスキャンダルは、12月に入っても沈静する気配はありません。毎日、新たな女性たちが被害を訴え出て、ケビン・スペイシー氏などの人気俳優、著名なジャーナリスト、上院議員らが次々に解雇や辞任に追い込まれています。

 事の発覚後、特にハリウッドセレブらがかかっているのが「セックス依存症セラピー」です。セクハラ行為は、アルコールやドラッグの依存症と同様、セックス依存症が原因になっている。だから治療でその衝動を抑える――との主張ですが、多くの専門家は「本当にそれでセクハラ行為をやめられるのか?」と疑問視しています。

 その理由として、まずセックス依存症自体が存在しないとする説があります。「依存症」は薬物やアルコールに依存することで脳の機能に影響する病気であり、セックス依存でそれが起こるかどうかは医学的に証明されていないといわれているのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る