西野亮廣
著者のコラム一覧
西野亮廣

1980年、兵庫県生まれ。99年、漫才コンビ「キングコング」を結成。近年は絵本作家としても活躍。「えんとつ町のプペル」は映画化され、2019年の公開予定。10月発売の新刊「革命のファンファーレ~現代のお金と広告~」は早くもベストセラーに。オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」運営。

受験にはいいところも 東大生のすごさは“学力”より“馬力”

公開日:

 手放しでもろ手を挙げては、いいですとは言えないですけど、やっぱり受験っていいところが多いですよね。

 もし自分が結婚して子供ができたら、先生を選んで学校に通わせると思います。小学校とかってむちゃくちゃ大事な時期じゃないですか。大体あそこで、人生変わると思うんです。

 でも、塾の方がいいですね。塾の先生は単純に勉強の教え方がうまい。6年間不登校をやっちゃって塾に行かす方が単純に賢い子が生まれる。勉強って面白えなってなるでしょうね。

 なんかいい先生ってどこにいるんだろう。自分が大病を患った時とかにいい先生を探すと思うんですけど、そんな感じです。

 僕は、むっちゃ学校が好きで、なんていうんですか、サボる人がいるじゃないですか、あれがなくて本当に休みたくなくて。小中高全部毎日行ってましたね。とにかく学校が大好き。授業もちゃんと聞いていたんです。けど全然ついていけなくて、先生の話が難し過ぎて。ちょっと授業は分かんなかったっす。この世界入って、たとえばあの「ビリギャル」を書いた坪田信貴さんとかとしゃべると、むちゃくちゃ話分かりやすいし、え、勉強ってこんなに面白いのっていうことを知りました。 =つづく

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る