批評家が厳選 優雅な寝正月にぴったりの映画・DVD特集

公開日:

 モリカケスパと政治スキャンダルが相次ぎながらも長期政権が居座り続け、実質賃金は下がる一方。にもかかわらず増税ラッシュまで予定されているから頭が痛い年の瀬。映画批評家の前田有一氏が寝正月を決め込んだ賢い諸兄に贈る優雅で知的でスリリングな映画&DVD!

■女優で見るなら松岡茉優

「ビジランテ」は「22年目の告白―私が殺人犯です―」の入江悠監督がオリジナル脚本で描くサスペンス。父親が死去すると、市議会議員の次男、デリヘル店長の三男のもとに30年間音信不通だった長男が現れる。相続するはずの土地が再開発利権の対象となったとたん、政界・裏社会から魑魅魍魎が群がる展開を、息苦しいほどの閉塞感とともに見せる。地方都市ならではのしがらみと、土地をめぐる強固な利権政治は森友加計問題をほうふつさせる。次男の妻を演じた元AKB48の篠田麻里子の意外なうまさが、濡れ場演技でも光っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る