• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

19歳で芥川賞も…綿矢りさが語った栄光と挫折と今と過去

 2000年代初頭に彗星のごとく文壇に現れた作家・綿矢りささん(33)。最年少の19歳で「蹴りたい背中」で芥川賞受賞。17年12月には、全8編の短編小説を収録した「意識のリボン」(集英社)が発売された。作家デビューから挫折、結婚、出産を経た綿矢さんに今と過去を聞いた。

「2001年、17歳の時に『インストール』という作品で文藝賞を頂きました。受賞したときに、社会から必要とされることに感激したんです。当時の印象が今でも残っていて、小説を書くなら<自分から投げ出すことはしない>と決めました。読者の需要がなくなったら、書くことをやめると思いますが、お仕事をもらえる間は<一生懸命やろう>と決心したのを覚えています。その点はブレていないんですけど、早寝早起きとかダイエットとか、ライフスタイルに関係することはブレまくりですね……」

 7年前から、年間1本のペースで中長編小説を書いているが、4作目となる「勝手にふるえてろ」(文藝春秋、2010年)を出版する前はスランプだったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  7. 7

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

もっと見る