「60歳でも使える体に」 国生さゆりさんが肉体改造を語る

公開日: 更新日:

 50歳を機に体を見直し、そのアンチエイジング肉体改造を「国生体操」として出版した国生さゆり(51)。頭、体、心がつながっていなかったことに気づいたという。

「45歳を過ぎた頃からですかね、顎のラインが丸みを帯び、腰回りに肉が付き、結構な勢いで体重が増えてきまして。とはいえ、太ったからキャスティングに影響する年でもないし……と思っていたんです。でも、60歳でも使える体でいたいと考えたとき、トレーニングを始めたんです。ところがランニングマシンを走ると7、8分で足腰が痛くなり、思ったように動けない自分に気づいて。トレーニングができる体をつくる、マイナスからの肉体改造を始めて、半年ほどで体も考え方も気づくことが多かったんです」

 20代はおニャン子クラブで絶大な人気を集め、その後は女優として活躍するなど芸能界を駆け抜けてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  2. 2

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  3. 3

    内閣広報官に小野日子氏内定 迷走していた後任選び全内幕

  4. 4

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  5. 5

    “つまらない男”野上農水相の面の皮 鶏卵汚職処分で嘘答弁

  6. 6

    壇蜜なぜ支持が?“飲み会絶対に断る女”断言で陰キャが共感

  7. 7

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  8. 8

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  9. 9

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  10. 10

    川口春奈“因縁”TBSで連ドラ主演 低視聴率女王の返上なるか

もっと見る