出版社に自ら売り込み 国生さゆり“体操本”出版の営業力

公開日:  更新日:

 タレントの国生さゆり(50)がアンチエイジング体操の本「国生体操」(トランスワールドジャパン)の発売を記念し、3日、都内のフィットネスジムでデモンストレーションイベントを行った。

 おニャン子時代からはや30年。高校時代は陸上選手だった国生だが、頭で考えた通りに体が動かないことに気づき、約半年で自身のメソッドを構築するまでになったという。

「今年を漢字1文字で表すと“体”。50歳を機に体の改善に取り組んだ年でした。実は、体操で体をつくるより、本を出版する方がもっと大変でした。出版社を自分で探して、どんな内容か説明しました。今後は……全国のジムで広められたらと。続編も考えていて、食のトレーニングも始めました」

 芸能界の荒波に揉まれながらも強くたくましく生き残っている国生。50歳になってもこの美貌とスタイルだからこその説得力である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る