出版社に自ら売り込み 国生さゆり“体操本”出版の営業力

公開日: 更新日:

 タレントの国生さゆり(50)がアンチエイジング体操の本「国生体操」(トランスワールドジャパン)の発売を記念し、3日、都内のフィットネスジムでデモンストレーションイベントを行った。

 おニャン子時代からはや30年。高校時代は陸上選手だった国生だが、頭で考えた通りに体が動かないことに気づき、約半年で自身のメソッドを構築するまでになったという。

「今年を漢字1文字で表すと“体”。50歳を機に体の改善に取り組んだ年でした。実は、体操で体をつくるより、本を出版する方がもっと大変でした。出版社を自分で探して、どんな内容か説明しました。今後は……全国のジムで広められたらと。続編も考えていて、食のトレーニングも始めました」

 芸能界の荒波に揉まれながらも強くたくましく生き残っている国生。50歳になってもこの美貌とスタイルだからこその説得力である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  4. 4

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  5. 5

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  6. 6

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

もっと見る