• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

出版社に自ら売り込み 国生さゆり“体操本”出版の営業力

 タレントの国生さゆり(50)がアンチエイジング体操の本「国生体操」(トランスワールドジャパン)の発売を記念し、3日、都内のフィットネスジムでデモンストレーションイベントを行った。

 おニャン子時代からはや30年。高校時代は陸上選手だった国生だが、頭で考えた通りに体が動かないことに気づき、約半年で自身のメソッドを構築するまでになったという。

「今年を漢字1文字で表すと“体”。50歳を機に体の改善に取り組んだ年でした。実は、体操で体をつくるより、本を出版する方がもっと大変でした。出版社を自分で探して、どんな内容か説明しました。今後は……全国のジムで広められたらと。続編も考えていて、食のトレーニングも始めました」

 芸能界の荒波に揉まれながらも強くたくましく生き残っている国生。50歳になってもこの美貌とスタイルだからこその説得力である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る