ラリー遠田
著者のコラム一覧
ラリー遠田

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。現在は、お笑い評論家として取材、執筆、イベント主催、メディア出演。近著に「教養としての平成お笑い史」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)などがある。

テレビ埼玉のロケ番組で復活 千鳥に訪れた“二度目の正直”

公開日: 更新日:

「幸運の女神には前髪しかない」

 という言葉がある。チャンスは二度と来るものではないから、来たときには必死でつかみに行かなければいけない、という意味だ。芸人にもここぞという売れるためのタイミングがあり、そこでうまく波に乗れないと、あとあと苦労を強いられることになる。

 千鳥の2人、大悟(37=写真左)とノブ(38=同右)に最初のビッグウエーブが来たのは、今から6~7年前のことだ。「THE MANZAI」で決勝に進んで一気に注目され、若者に人気のコント番組「ピカルの定理」の新レギュラーにも抜擢された。大阪から東京に出てきて、順風満帆に出世街道を歩んでいるように見えた。

 ところが、彼らは千載一遇のこのチャンスを生かし切れなかった。ひな壇系のバラエティー番組に出ても結果を残せず、仕事は思うように増えなかった。「ピカルの定理」もゴールデン進出後に視聴率が低迷して打ち切りとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  3. 3

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  4. 4

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

  7. 7

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

  8. 8

    鈴木保奈美&石橋貴明が離婚 「ユーチューブで発表」は夫への“餞別”代わりか

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

もっと見る