ラリー遠田
著者のコラム一覧
ラリー遠田

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。現在は、お笑い評論家として取材、執筆、イベント主催、メディア出演。近著に「とんねるずと『めちゃイケ』の終わり 〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論」(イースト新書)、「逆襲する山里亮太」(双葉社)などがある。

テレビ埼玉のロケ番組で復活 千鳥に訪れた“二度目の正直”

公開日: 更新日:

「幸運の女神には前髪しかない」

 という言葉がある。チャンスは二度と来るものではないから、来たときには必死でつかみに行かなければいけない、という意味だ。芸人にもここぞという売れるためのタイミングがあり、そこでうまく波に乗れないと、あとあと苦労を強いられることになる。

 千鳥の2人、大悟(37=写真左)とノブ(38=同右)に最初のビッグウエーブが来たのは、今から6~7年前のことだ。「THE MANZAI」で決勝に進んで一気に注目され、若者に人気のコント番組「ピカルの定理」の新レギュラーにも抜擢された。大阪から東京に出てきて、順風満帆に出世街道を歩んでいるように見えた。

 ところが、彼らは千載一遇のこのチャンスを生かし切れなかった。ひな壇系のバラエティー番組に出ても結果を残せず、仕事は思うように増えなかった。「ピカルの定理」もゴールデン進出後に視聴率が低迷して打ち切りとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  10. 9

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

  11. 10

    相次ぐ教師の陽性…小池知事は市中感染拡大も見て見ぬふり

もっと見る