ラリー遠田
著者のコラム一覧
ラリー遠田

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。現在は、お笑い評論家として取材、執筆、イベント主催、メディア出演。近著に「教養としての平成お笑い史」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)などがある。

松本や有吉も絶賛…牧野ステテコの“ないない尽くし”ネタ

公開日: 更新日:

 昨年末に初めて行われた女性限定のお笑いコンテスト「女芸人No.1決定戦 THE W」は、ゆりやんレトリィバァ(27)の優勝に終わった。しかし、この大会で副音声解説を務めていた松本人志(54)は、優勝者とは別の芸人に大きく反応していた。それは、女性ピン芸人の牧野ステテコ(38)だ。

 ネタ前の紹介VTRの時点で、松本はまず牧野の風貌に驚いていた。おかっぱ頭で体はガリガリ。長いポールを持って舞台に現れたその姿は、西遊記の沙悟浄を連想させる異様なものだった。

 彼女は「ポール牧野」というポールダンサーに扮して、観客をセクシーなポーズで挑発しながら、自虐ネタを繰り出していく。動きにキレがない、演技力がない、ネタの中身がない。

 ところが、「ないない尽くし」のこのネタには、見る者をクギ付けにする不思議な魅力があった。優勝こそ逃したものの、強烈なインパクトを残した牧野は見事に準優勝。その後も「UWASAのネタ」というネタ番組で日本テレビ水卜麻美アナ(30)とコラボネタを披露するなど、快進撃を続けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  3. 3

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  4. 4

    小室圭さんが再び迫られる金銭トラブルへの対峙 眞子さまは関与囁かれ“バッシング”が

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  7. 7

    萱和磨は「できるけどやらない」秀才高校生だった【「銀」体操男子 若き4人の素顔#3】

  8. 8

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  9. 9

    宮崎美子&斉藤慶子に続く「奇跡のビキニ姿」は? “アラ還”美熟女争奪戦がぼっ発!

  10. 10

    小山田圭吾、小林賢太郎、竹中直人…開会式辞任ドミノ「吉本興業」に衝撃走る

もっと見る