ラリー遠田
著者のコラム一覧
ラリー遠田

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。現在は、お笑い評論家として取材、執筆、イベント主催、メディア出演。近著に「とんねるずと『めちゃイケ』の終わり 〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論」(イースト新書)、「逆襲する山里亮太」(双葉社)などがある。

松本や有吉も絶賛…牧野ステテコの“ないない尽くし”ネタ

公開日:

 昨年末に初めて行われた女性限定のお笑いコンテスト「女芸人No.1決定戦 THE W」は、ゆりやんレトリィバァ(27)の優勝に終わった。しかし、この大会で副音声解説を務めていた松本人志(54)は、優勝者とは別の芸人に大きく反応していた。それは、女性ピン芸人の牧野ステテコ(38)だ。

 ネタ前の紹介VTRの時点で、松本はまず牧野の風貌に驚いていた。おかっぱ頭で体はガリガリ。長いポールを持って舞台に現れたその姿は、西遊記の沙悟浄を連想させる異様なものだった。

 彼女は「ポール牧野」というポールダンサーに扮して、観客をセクシーなポーズで挑発しながら、自虐ネタを繰り出していく。動きにキレがない、演技力がない、ネタの中身がない。

 ところが、「ないない尽くし」のこのネタには、見る者をクギ付けにする不思議な魅力があった。優勝こそ逃したものの、強烈なインパクトを残した牧野は見事に準優勝。その後も「UWASAのネタ」というネタ番組で日本テレビの水卜麻美アナ(30)とコラボネタを披露するなど、快進撃を続けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  8. 8

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

もっと見る