役者と真剣勝負 「俺が正しいのか、おまえが正しいのか」

公開日: 更新日:

碓井 業界内では、役者も演出家も「倉本脚本は一言一句変えてはならない」という不文律みたいになっています。

倉本 ええ。語尾を勝手に変えられてしまうと人格が変わってしまうんですよ。たとえば、高倉健さんに関するインタビューを僕が受けた際、「健さんはすてきな人ですよ。シャイなんだけれども、なんとかなんじゃないでしょうか」っていう答え方をしたとするでしょう。

 すると新聞記者が「高倉健はすてきな人だ。シャイだがなんとかだ」と断定的な言い切りで記事にしてしまうと、読者にはあたかも僕が上から目線で傲慢な言い方をしたように見えるわけです。会話ってのはそういうもの。シナリオは必要最低限の情報を伝える新聞記事とは違います。何の脈絡もなく語尾を変えるのはいい加減にして欲しいとその若い役者さんに言ったつもりだったんですが。

碓井 彼は「何だよ、たかが語尾なのに」と思ったんでしょうね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  2. 2

    及川光博が明かした 壇れいと離婚届提出日に“打ち上げ飯”

  3. 3

    小川彩佳キャスターがもくろむ 古巣と元カレへのリベンジ

  4. 4

    東大卒フジ新人アナ藤本万梨乃は“令和のカトパン”になるか

  5. 5

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  6. 6

    丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

  7. 7

    NGT48山口真帆の気になる卒業後 引っ張りダコか干されるか

  8. 8

    佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言

  9. 9

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

  10. 10

    宇賀なつみも華麗に転身 フジからテレ朝へ女子アナ下克上

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る