「これが最後だと…」 2008年の会見で現役引退宣言の真意

公開日:  更新日:

 2008年9月、テレビドラマ界に大きな激震が走った。倉本氏がフジテレビ開局50周年記念ドラマ「風のガーデン」(中井貴一主演)の富良野ロケを視察した際の会見で、「脚本を書いているうちにこれが最後だと思った」と引退ともとれる発言をしたからだ。

碓井 先生は実際、どうおっしゃってたんですか。この時の心境も知りたいです。

倉本 詳しいことはちょっと覚えていないんですが、ただ、体力的な面は大きいでしょうね。その当時でまだ70代だったのかな。長期間にわたる作品ってキツイでしょう? 体力的に無理だなっていうのはありましたね。自信がないっていう。

碓井 「風のガーデン」は「北の国から」(1981~2002年)、「優しい時間」(05年)に続くフジテレビ系で放送された富良野3部作の最終章となる物語です。初回平均視聴率20・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録しましたが、数字以上に「人生の最期」を扱ったドラマの内容自体への反響が大きかった。また難しいテーマだけに、もしかしたら倉本先生と当時の制作陣との間にドラマ作りを巡って何かズレがあったのかな、と。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る