• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

たばこマジックの第一人者 ブラック嶋田さんが語る“逆風”

 火のついたたばこを口に入れたり出したり、はたまた、そのままティッシュで包んで食べてしまったり……。ご存じマジシャン、ブラック嶋田さん(76)の得意芸だ。だが、最近姿を見ない。どうしているのか?

■バラエティー番組にも煙たがられて……

「いやー、昨今はどこに行っても禁煙だからさ。たばこマジックは肩身が狭い狭い。おまけにバラエティー番組にも煙たがられちゃって、出る幕なんてないよ。とんとご無沙汰だなあ」

 都内・日暮里のカフェ。ブラック嶋田さんはこう言うと苦笑いした。やや太めの体形は相変わらずだが、すこぶる元気そうだ。

「5、6年前、ある大学病院の呼吸器内科の教授から、『いくら商売とはいえ、あなたみたいに年がら年中、一度に大量のたばこを吸っているのは、専門医として看過できない。診察してあげますよ』って手紙が来たの。で、精密検査をしたら、その教授、目を丸くして『なぜだ。肺は真っ黒かと思ったらピンクじゃないか。検診や手術で40年、肺を診てるけど、こんなに奇麗な肺は久しぶりだ』って。簡単なことです。たばこは口の中でフカしてるだけで、煙は吸い込んでない。実は私、たばこはプライベートも含めて一切吸わないんですよ。アハハハ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

もっと見る