たばこマジックの第一人者 ブラック嶋田さんが語る“逆風”

公開日:  更新日:

 火のついたたばこを口に入れたり出したり、はたまた、そのままティッシュで包んで食べてしまったり……。ご存じマジシャン、ブラック嶋田さん(76)の得意芸だ。だが、最近姿を見ない。どうしているのか?

■バラエティー番組にも煙たがられて……

「いやー、昨今はどこに行っても禁煙だからさ。たばこマジックは肩身が狭い狭い。おまけにバラエティー番組にも煙たがられちゃって、出る幕なんてないよ。とんとご無沙汰だなあ」

 都内・日暮里のカフェ。ブラック嶋田さんはこう言うと苦笑いした。やや太めの体形は相変わらずだが、すこぶる元気そうだ。

「5、6年前、ある大学病院の呼吸器内科の教授から、『いくら商売とはいえ、あなたみたいに年がら年中、一度に大量のたばこを吸っているのは、専門医として看過できない。診察してあげますよ』って手紙が来たの。で、精密検査をしたら、その教授、目を丸くして『なぜだ。肺は真っ黒かと思ったらピンクじゃないか。検診や手術で40年、肺を診てるけど、こんなに奇麗な肺は久しぶりだ』って。簡単なことです。たばこは口の中でフカしてるだけで、煙は吸い込んでない。実は私、たばこはプライベートも含めて一切吸わないんですよ。アハハハ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る