てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

市川紗椰に嫉妬 久米宏がこだわる生きた番組をつくる言葉

公開日:

「力抜けて、ふにゃぁっと柔らかく。ボクはああいうふうにしてニュースを伝えたかったんです」(久米宏/フジテレビ「ボクらの時代」1月14日放送)

 この日、共演したモデルの市川紗椰(30)に、久米宏(73)は会いたかったという。なぜなら、市川がメインキャスターを務めた「ユアタイム」(フジテレビ)が好きだったからだ。

「あんなふうなしゃべり方でニュースを伝える人はいまだかつていなかった」と久米は言う。普通の言葉で何げなく、隣の人に話すような彼女の原稿の読み方が大好きだった、と語る彼の言葉を今週は取り上げたい。

 言うまでもなく、久米はテレビのニュース番組を変えた男だ。1985年から始まった「ニュースステーション」(テレビ朝日)は革新的な番組だった。それまで堅いイメージだったニュース番組を、柔らかい娯楽性の高いものに変えた。その結果、ニュース番組にもかかわらず、ピーク時は視聴率20%前後をコンスタントに獲得する高視聴率番組となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る