てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

市川紗椰に嫉妬 久米宏がこだわる生きた番組をつくる言葉

公開日: 更新日:

「力抜けて、ふにゃぁっと柔らかく。ボクはああいうふうにしてニュースを伝えたかったんです」(久米宏/フジテレビ「ボクらの時代」1月14日放送)

 この日、共演したモデルの市川紗椰(30)に、久米宏(73)は会いたかったという。なぜなら、市川がメインキャスターを務めた「ユアタイム」(フジテレビ)が好きだったからだ。

「あんなふうなしゃべり方でニュースを伝える人はいまだかつていなかった」と久米は言う。普通の言葉で何げなく、隣の人に話すような彼女の原稿の読み方が大好きだった、と語る彼の言葉を今週は取り上げたい。

 言うまでもなく、久米はテレビのニュース番組を変えた男だ。1985年から始まった「ニュースステーション」(テレビ朝日)は革新的な番組だった。それまで堅いイメージだったニュース番組を、柔らかい娯楽性の高いものに変えた。その結果、ニュース番組にもかかわらず、ピーク時は視聴率20%前後をコンスタントに獲得する高視聴率番組となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  9. 9

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  10. 10

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

もっと見る