サバンナ八木は30万円被害 “仮想通貨ネタ”芸人の賞味期限

公開日:

 コインチェックから仮想通貨580億円相当が流出した問題で、にわかに話題になっているのが芸能人の“被害者”。いまのところお笑い芸人ばかり。

 まずCMに出演していた出川哲朗(53)は、CMを見て始めた人も多いなどと言われ、加害者扱いでやり玉に挙げられている。実際に投資し、被害に遭ったことを告白した芸人はサバンナの八木真澄(43)で、取引していたNEM約30万円相当が消えて、「家族旅行を仮想旅行に替えた」とボケた。「ラララライ体操」で人気だった藤崎マーケットのトキ(33)は「急に(貯金が)ゼロになるということがあるんだな」とコメント。

 他にも損した芸人たちは多そうだ。この機会に、いわゆる“仮想通貨失敗談”をしゃべりだす者や今後はモデルや俳優の被害者も出るか。

 仮想通貨は価値が上下する株のようなシステムだが、例えば、ビットコインは短期間で高騰を続けたのち暴落。サラリーマンが手を出すにはリスクが高い。株や不動産のように価値が変動する企業や土地などの実体があるわけではなく、見えないお金に賭けてるギャンブル的なものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る