• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

サバンナ八木は30万円被害 “仮想通貨ネタ”芸人の賞味期限

 コインチェックから仮想通貨580億円相当が流出した問題で、にわかに話題になっているのが芸能人の“被害者”。いまのところお笑い芸人ばかり。

 まずCMに出演していた出川哲朗(53)は、CMを見て始めた人も多いなどと言われ、加害者扱いでやり玉に挙げられている。実際に投資し、被害に遭ったことを告白した芸人はサバンナの八木真澄(43)で、取引していたNEM約30万円相当が消えて、「家族旅行を仮想旅行に替えた」とボケた。「ラララライ体操」で人気だった藤崎マーケットのトキ(33)は「急に(貯金が)ゼロになるということがあるんだな」とコメント。

 他にも損した芸人たちは多そうだ。この機会に、いわゆる“仮想通貨失敗談”をしゃべりだす者や今後はモデルや俳優の被害者も出るか。

 仮想通貨は価値が上下する株のようなシステムだが、例えば、ビットコインは短期間で高騰を続けたのち暴落。サラリーマンが手を出すにはリスクが高い。株や不動産のように価値が変動する企業や土地などの実体があるわけではなく、見えないお金に賭けてるギャンブル的なものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る