サバンナ八木は30万円被害 “仮想通貨ネタ”芸人の賞味期限

公開日:

 コインチェックから仮想通貨580億円相当が流出した問題で、にわかに話題になっているのが芸能人の“被害者”。いまのところお笑い芸人ばかり。

 まずCMに出演していた出川哲朗(53)は、CMを見て始めた人も多いなどと言われ、加害者扱いでやり玉に挙げられている。実際に投資し、被害に遭ったことを告白した芸人はサバンナの八木真澄(43)で、取引していたNEM約30万円相当が消えて、「家族旅行を仮想旅行に替えた」とボケた。「ラララライ体操」で人気だった藤崎マーケットのトキ(33)は「急に(貯金が)ゼロになるということがあるんだな」とコメント。

 他にも損した芸人たちは多そうだ。この機会に、いわゆる“仮想通貨失敗談”をしゃべりだす者や今後はモデルや俳優の被害者も出るか。

 仮想通貨は価値が上下する株のようなシステムだが、例えば、ビットコインは短期間で高騰を続けたのち暴落。サラリーマンが手を出すにはリスクが高い。株や不動産のように価値が変動する企業や土地などの実体があるわけではなく、見えないお金に賭けてるギャンブル的なものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る