つぶやくと皮肉殺到 舛添要一氏のツイッターは常時炎上中

公開日:

 8月17日に「有吉ジャポン」(TBS系)に出演し、東京都知事を辞めて以来1年2カ月ぶりにメディアへの復帰を果たした国際政治学者の舛添要一氏(68)。

 事務所を兼ねる自宅の地下室に番組スタッフを招き入れ、「月収は11万円」「昼食は100円前後のカップラーメン」などの“窮状”をアピールしたが、視聴者からは「金はあるはずなのに貧乏アピールとは何事か」とネット上で猛バッシングを浴びる羽目に。

 そんな舛添氏だが、メディア復帰に先駆けて6月には休止していたツイッターを再開。連日5、6回のペースでつぶやくなど意気軒昂な様子だが、寄せられる返信はやはり辛らつなものばかりだ。

 今月7日には「股関節の手術から2ヶ月が経ちました」「回復も順調で(中略)医学の進歩、そしてチタン製の人工関節に心から感謝です」とツイート。「有吉ジャポン」で公表した股関節手術の予後を報告するつぶやきだったが、これには<都内を謝罪して走って下さい><税金を賄ってきた都民に感謝はないのかい?>といった皮肉がズラリ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る