映画「空海」で楊貴妃役 チャン・ロンロンの堅実人生設計

公開日:

 製作費150億円ともいわれる日中合作の超大型映画「空海―KU―KAI― 美しき王妃の謎」(東宝・KADOKAWA共同配給)が24日から公開となる。ひと足先に公開した中国では、「君の名は。」を超える興行収入100億円超の大ヒット。構想から10年、製作総指揮を務めた角川歴彦氏悲願の一本だが、観客の目を奪うのは壮大なセットだけではない。楊貴妃役を演じた台湾女優チャン・ロンロン(30)の美貌だ。

 日本では小野小町、クレオパトラと並ぶ世界3大美女として知られる楊貴妃役。誰もが認める絶対的美しさが求められるが、本人は「メークさんと美術さんにお任せすれば見た目は何とかなると思っていた」と謙遜する。むしろ心配だったのは、中国の巨匠チェン・カイコー監督の妥協知らずの厳しい要求に応えられるかどうかだったという。

「撮影中はずっと気の抜けない状況で、モニターを見ながら他のキャストに演技指導する監督の傍らで、耳をダンボにしながら一言一句を聞き逃さないようにしていたの。そして楊貴妃を演じるのに必要なことは表層的なものでなく、自分自身が心の底から満たされていることが不可欠だなって学んだんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る