• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

映画「空海」で楊貴妃役 チャン・ロンロンの堅実人生設計

 製作費150億円ともいわれる日中合作の超大型映画「空海―KU―KAI― 美しき王妃の謎」(東宝・KADOKAWA共同配給)が24日から公開となる。ひと足先に公開した中国では、「君の名は。」を超える興行収入100億円超の大ヒット。構想から10年、製作総指揮を務めた角川歴彦氏悲願の一本だが、観客の目を奪うのは壮大なセットだけではない。楊貴妃役を演じた台湾女優チャン・ロンロン(30)の美貌だ。

 日本では小野小町、クレオパトラと並ぶ世界3大美女として知られる楊貴妃役。誰もが認める絶対的美しさが求められるが、本人は「メークさんと美術さんにお任せすれば見た目は何とかなると思っていた」と謙遜する。むしろ心配だったのは、中国の巨匠チェン・カイコー監督の妥協知らずの厳しい要求に応えられるかどうかだったという。

「撮影中はずっと気の抜けない状況で、モニターを見ながら他のキャストに演技指導する監督の傍らで、耳をダンボにしながら一言一句を聞き逃さないようにしていたの。そして楊貴妃を演じるのに必要なことは表層的なものでなく、自分自身が心の底から満たされていることが不可欠だなって学んだんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る