新曲売り上げも全額寄付 元SMAP3人の集客力は衰え知らず

公開日:

 大会史上最多の入場者数1万7100人を動員。さすがの“底力”を見せつけた。

 元SMAPの稲垣吾郎(44)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(41)が4日、「パラ駅伝 in TOKYO 2018」にスペシャルサポーターとして登場。過去2回行われた同駅伝の入場者数を上回る観衆が集まる中、5時間近くにわたって大会をもり立て、ランナーらを応援し続けたのだった。

 閉会式後に行われたスペシャルライブでは、事務所を独立し3人体制になって以降、2曲目のリリースとなる新曲「雨あがりのステップ」をサプライズ初披露。今月19日からiTunes Store限定で配信されるが、6月末までの同曲の売り上げ全額を寄付し、パラスポーツの支援にあてるとぶち上げた。

 3人がナマ歌を披露するのは「72時間ホンネテレビ」以外では、独立後初めて。「久しぶりに大勢の人の前で歌えて気持ちよかった」(香取)、「歌で通じ合えた」(稲垣)と人々の中で歌うことの喜びをかみしめていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

  7. 7

    革新機構社長ブチ切れ会見…経産省「朝礼暮改」の実態暴露

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  10. 10

    狙いはマクロン降ろしか 黄色いベスト運動にトランプの影

もっと見る