“映画愛”に満ちあふれる 蒼井優の感動スピーチと熱い抱擁

公開日:

「ほんとに、映画界ってよくないですか? わたしホントに好きなんです。みんなで一緒に映画を盛り上げていけたらなと思います」

 3月2日に行われた第41回日本アカデミー賞で、初の最優秀主演女優賞に輝いた蒼井優(32)。涙をこらえながら語った“映画愛”に満ちあふれたスピーチは、多くの人々の心に響くものとなった。

 99年にミュージカル「アニー」でデビューして以降、着実に力をつけてきた。今後の日本映画界を背負って立つ女優にまで上り詰めたが、私生活では“魔性の女”。2日の授賞式での抱擁の相手は、受賞作「彼女がその名を知らない鳥たち」の白石和彌監督だったが、これからも公私ともに多くの感動と話題を提供してくれるに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る