• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

お祭り騒ぎ メダリストをひな壇に座らせるTV局の無節操

 平昌五輪閉幕から10日。冬季史上最多13個のメダルを獲得し、テレビ各局のお祭り騒ぎが続いている。東京五輪が2年後に控えることも盛り上がりを加速させているが、負担を強いられるのは選手に他ならない。

 最初に“ダウン”したのがスノーボード・ハーフパイプで2大会連続の銀メダルを獲得した平野歩夢(19)だった。試合翌日にテレビ局が据えた平昌の特設スタジオをハシゴ。帰国後も出演を続けた結果、体調不良を訴えて予定していた番組出演をすべてキャンセルした。

 スピードスケート500メートルで金、1000メートルで銀を手にした小平奈緒(31)の体も悲鳴をあげた。金を獲得した翌日、朝の情報番組を転々。26日の帰国後も行事に追われ、28日には世界スプリント選手権(中国)へ出発した。過密日程による疲労がピークに達し、2日目の1000メートルを体調不良で棄権。目下、休養中だが、17日にはW杯、25日には地元・茅野市での祝賀パレードが控えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  6. 6

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  7. 7

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る