• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

お祭り騒ぎ メダリストをひな壇に座らせるTV局の無節操

 平昌五輪閉幕から10日。冬季史上最多13個のメダルを獲得し、テレビ各局のお祭り騒ぎが続いている。東京五輪が2年後に控えることも盛り上がりを加速させているが、負担を強いられるのは選手に他ならない。

 最初に“ダウン”したのがスノーボード・ハーフパイプで2大会連続の銀メダルを獲得した平野歩夢(19)だった。試合翌日にテレビ局が据えた平昌の特設スタジオをハシゴ。帰国後も出演を続けた結果、体調不良を訴えて予定していた番組出演をすべてキャンセルした。

 スピードスケート500メートルで金、1000メートルで銀を手にした小平奈緒(31)の体も悲鳴をあげた。金を獲得した翌日、朝の情報番組を転々。26日の帰国後も行事に追われ、28日には世界スプリント選手権(中国)へ出発した。過密日程による疲労がピークに達し、2日目の1000メートルを体調不良で棄権。目下、休養中だが、17日にはW杯、25日には地元・茅野市での祝賀パレードが控えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る