• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

20代でアルコール依存症 林マヤが語るトップモデルの重圧

 かつて世界のトップモデルとして活躍した林マヤさん(60)。今はタレント業のかたわら、茨城で有機農法にたずさわっているが、転機になったのはお酒だった――。

 ◇  ◇  ◇

 実は20年以上前はアルコール依存症になっていました。おいしいから飲むんじゃなく、精神的に追い詰められて「飲まなきゃやってられない」状態。ホント、すさんだ生活でしたね。

 それは、もとをたどればパリコレクションのトップモデルだった20代に行き着きます。80年代後半ですね。当時は日本中がそうだったけど、私自身もすっごいバブリーでした。売れっ子モデルは1ステージ数十万円から、トップにもなると100万円単位のギャラ。しかも、1日に何カ所も掛け持ちできるのね。だからパリコレシーズンの2、3週間だけで数千万円単位稼げたんです。

 私もそんなモデルのひとりで、コレクションのない時は仏版「マリ・クレール」などの高級ファッション誌のモデルをしてましたから、毎月どれだけ収入があるのか自分自身でもわからない。パリコレに行くまで日本ではカツカツの生活をしてたのが嘘みたいに、お金に不自由しませんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  7. 7

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  8. 8

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

もっと見る