20代でアルコール依存症 林マヤが語るトップモデルの重圧

公開日:

 かつて世界のトップモデルとして活躍した林マヤさん(60)。今はタレント業のかたわら、茨城で有機農法にたずさわっているが、転機になったのはお酒だった――。

 ◇  ◇  ◇

 実は20年以上前はアルコール依存症になっていました。おいしいから飲むんじゃなく、精神的に追い詰められて「飲まなきゃやってられない」状態。ホント、すさんだ生活でしたね。

 それは、もとをたどればパリコレクションのトップモデルだった20代に行き着きます。80年代後半ですね。当時は日本中がそうだったけど、私自身もすっごいバブリーでした。売れっ子モデルは1ステージ数十万円から、トップにもなると100万円単位のギャラ。しかも、1日に何カ所も掛け持ちできるのね。だからパリコレシーズンの2、3週間だけで数千万円単位稼げたんです。

 私もそんなモデルのひとりで、コレクションのない時は仏版「マリ・クレール」などの高級ファッション誌のモデルをしてましたから、毎月どれだけ収入があるのか自分自身でもわからない。パリコレに行くまで日本ではカツカツの生活をしてたのが嘘みたいに、お金に不自由しませんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る