20代でアルコール依存症 林マヤが語るトップモデルの重圧

公開日:

 かつて世界のトップモデルとして活躍した林マヤさん(60)。今はタレント業のかたわら、茨城で有機農法にたずさわっているが、転機になったのはお酒だった――。

 ◇  ◇  ◇

 実は20年以上前はアルコール依存症になっていました。おいしいから飲むんじゃなく、精神的に追い詰められて「飲まなきゃやってられない」状態。ホント、すさんだ生活でしたね。

 それは、もとをたどればパリコレクションのトップモデルだった20代に行き着きます。80年代後半ですね。当時は日本中がそうだったけど、私自身もすっごいバブリーでした。売れっ子モデルは1ステージ数十万円から、トップにもなると100万円単位のギャラ。しかも、1日に何カ所も掛け持ちできるのね。だからパリコレシーズンの2、3週間だけで数千万円単位稼げたんです。

 私もそんなモデルのひとりで、コレクションのない時は仏版「マリ・クレール」などの高級ファッション誌のモデルをしてましたから、毎月どれだけ収入があるのか自分自身でもわからない。パリコレに行くまで日本ではカツカツの生活をしてたのが嘘みたいに、お金に不自由しませんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る