20代で自己破産 ロビンフットおぐがホームレス暮らし語る

公開日: 更新日:

 今月「R―1ぐらんぷり2018」(フジテレビ系)決勝に登場し、上位3人に入ったロビンフット・おぐさん(41)。心やさしいハゲキャラのイメージだが、ギャンブルで破産後には彼女の部屋を泊まり歩く意外な面も?

 ◇  ◇  ◇

 貧乏なのは2000年に滋賀から上京した24歳くらいの頃からですね。原因はギャンブル。パチンコとスロットにハマって、バイトもあまり行かなくなり、3~4年間でサラ金4社に計400万円まで膨れ上がって。月に10万円平均の借金をしてた計算。負ければ減るし、勝ったら勝ったでまたつぎ込んでました。

 その頃はお金を使わないために、とにかく動かなかったですね。後輩芸人が部屋に遊びに来ても電気代がもったいないから、電気もテレビもつけずにベッドにじっと座ってた。後輩から「しっかりしてください!」と叱られちゃって。アハハ。最終的には30歳手前で自己破産してしまいました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  3. 3

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  6. 6

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  7. 7

    東京五輪いまだ「強行開催」は森・バッハ両会長と周辺だけ

  8. 8

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

  9. 9

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  10. 10

    2020日本S痛恨の“配球ミス” 菅野&大城と巨人ベンチに疑問

もっと見る