• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ファミリーも独立もマネ? たけしが追う“欽ちゃんの背中”

 ビートたけし(71)の“終活”は、憧れの先輩の背中を追いかけたものだった!?

 今月末に所属事務所の「オフィス北野」から独立。現在出演中の6本のレギュラー番組に変更はないが、本人は小説などを書きながら自分のために時間を使いたいとの思いを持っているという。

 気が付けば、お笑い界の大御所も古希を過ぎ、残りの人生を指折り数える年頃。共感を覚える同世代は多そうだが、たけしの独立は単なる思い付きではなく、既定路線だったのかもしれない。

 芸能リポーターの城下尊之氏によると、今から30年以上も前、たけしは漫才ブームが去った1982年ごろに神妙な顔つきでこう話したことがあった。

「結構持ってたはずの引き出しも、あらかた使っちまったしなぁ。そうだなあ、考えてるんだけど、これからは欽ちゃん、萩本欽一さんのマネをしようと思ってるんだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る