ファミリーも独立もマネ? たけしが追う“欽ちゃんの背中”

公開日:  更新日:

 ビートたけし(71)の“終活”は、憧れの先輩の背中を追いかけたものだった!?

 今月末に所属事務所の「オフィス北野」から独立。現在出演中の6本のレギュラー番組に変更はないが、本人は小説などを書きながら自分のために時間を使いたいとの思いを持っているという。

 気が付けば、お笑い界の大御所も古希を過ぎ、残りの人生を指折り数える年頃。共感を覚える同世代は多そうだが、たけしの独立は単なる思い付きではなく、既定路線だったのかもしれない。

 芸能リポーターの城下尊之氏によると、今から30年以上も前、たけしは漫才ブームが去った1982年ごろに神妙な顔つきでこう話したことがあった。

「結構持ってたはずの引き出しも、あらかた使っちまったしなぁ。そうだなあ、考えてるんだけど、これからは欽ちゃん、萩本欽一さんのマネをしようと思ってるんだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る