ファミリーも独立もマネ? たけしが追う“欽ちゃんの背中”

公開日:  更新日:

 ビートたけし(71)の“終活”は、憧れの先輩の背中を追いかけたものだった!?

 今月末に所属事務所の「オフィス北野」から独立。現在出演中の6本のレギュラー番組に変更はないが、本人は小説などを書きながら自分のために時間を使いたいとの思いを持っているという。

 気が付けば、お笑い界の大御所も古希を過ぎ、残りの人生を指折り数える年頃。共感を覚える同世代は多そうだが、たけしの独立は単なる思い付きではなく、既定路線だったのかもしれない。

 芸能リポーターの城下尊之氏によると、今から30年以上も前、たけしは漫才ブームが去った1982年ごろに神妙な顔つきでこう話したことがあった。

「結構持ってたはずの引き出しも、あらかた使っちまったしなぁ。そうだなあ、考えてるんだけど、これからは欽ちゃん、萩本欽一さんのマネをしようと思ってるんだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る