• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ファミリーも独立もマネ? たけしが追う“欽ちゃんの背中”

 ビートたけし(71)の“終活”は、憧れの先輩の背中を追いかけたものだった!?

 今月末に所属事務所の「オフィス北野」から独立。現在出演中の6本のレギュラー番組に変更はないが、本人は小説などを書きながら自分のために時間を使いたいとの思いを持っているという。

 気が付けば、お笑い界の大御所も古希を過ぎ、残りの人生を指折り数える年頃。共感を覚える同世代は多そうだが、たけしの独立は単なる思い付きではなく、既定路線だったのかもしれない。

 芸能リポーターの城下尊之氏によると、今から30年以上も前、たけしは漫才ブームが去った1982年ごろに神妙な顔つきでこう話したことがあった。

「結構持ってたはずの引き出しも、あらかた使っちまったしなぁ。そうだなあ、考えてるんだけど、これからは欽ちゃん、萩本欽一さんのマネをしようと思ってるんだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事