アジア圏で人気 「演歌女子ルピナス組」は逆輸入アイドル

公開日:

 いま最もアツ~イ演歌アイドルグループをご存じ? 「演歌女子ルピナス組」のこと。〈演歌を世界に〉をモットーにアジア圏を中心に全8人で活動するグループで、演歌とテクノをミックスした“唯一無二”の音楽と、和テイストを売りとしたグループだ。

 もっか一年の半分近くを海外遠征する日々を送っており、先月11日にインドネシア・ジャカルタで開催されたデビュー3周年記念ワンマンライブは2000枚のチケットを完売。逆輸入的な売れ方をしており、国内でもじわりじわりと人気に火が付き始めている。

 25日には、メジャーデビューシングル「コシヒカリ音頭」発売イベントを演歌の聖地である「浅草ヨーロー堂」で開催。熱心なファンが駆け付ける中、4曲を熱唱したのだった。来月6日は「平成歌謡塾2」(BS12ch TwellV 5時29分~)に出演予定。「朝早いから録画して見てねー!」とファン思いの気遣いを見せていた。

 そんなメンバーに今後の目標を聞いてみると声を揃えて、「(NHK)紅白です!」。

 年末の大舞台を目指す“るぴ女”に注目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る