加護亜依の元夫400万円詐欺で逮捕…直らなかった“虚言癖”

公開日:  更新日:

 安藤容疑者は加護と交際中だった2011年9月、借金を踏み倒すために山口組系組長の名前をチラつかせた恐喝未遂容疑で警視庁に逮捕されている。その直後に加護が“自殺未遂騒動”を起こしたが、同年末に“デキ婚”し、安藤容疑者は「加護」姓に。翌12年6月に第1子となる女児が生まれている。加護と新婚ホヤホヤで、加護姓を名乗っていたその時に、懲りずに詐欺をはたらいたというわけだ。

「安藤容疑者は幼いころは貧しかった成り上がりと聞いています。表面的な人当たりはものすごくいいし、口八丁手八丁でごまをするのもうまいんですが、大風呂敷を広げる癖がある。上場企業の有名な経営者と仲がいいなどと平気でうそをつくんです。結婚当時まだ20代前半だった加護ちゃんもそれに引っかかったともっぱらで、安藤容疑者も加護ちゃんを金づるとしか考えず、加護姓を名乗ったのも“悪用”するためだろうと周囲は見ていました。“虚言癖”は直らないんでしょう」(関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    日ハム残留希望も…レアードを巨人・楽天・ソフトBが狙う

  10. 10

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

もっと見る