アニメ界牽引 「火垂るの墓」「ハイジ」高畑勲監督が死去

公開日: 更新日:

 宮崎駿監督と共に日本のアニメーション界を牽引してきた高畑勲監督が5日、都内の病院で亡くなった。82歳だった。死因は分かっていないが、昨年の夏ごろに体調を崩し、その後入退院を繰り返していたという。

 三重県出身。1970年代にテレビシリーズの「ルパン三世」「アルプスの少女ハイジ」「赤毛のアン」などの大ヒット作を手がけた後、85年には宮崎監督と共にスタジオジブリを設立。88年公開の映画「火垂るの墓」では、終戦前後の混乱を生きる兄妹の悲劇を描き、モスクワ児童青少年国際映画祭でグランプリを獲得した。

 その後も「おもひでぽろぽろ」「平成狸合戦ぽんぽこ」など社会的な作品を多く発表。人気は世界に広まり、2015年にはフランス芸術文化勲章のオフィシエを受章した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  3. 3

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  4. 4

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  10. 10

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

もっと見る