アニメ界牽引 「火垂るの墓」「ハイジ」高畑勲監督が死去

公開日:

 宮崎駿監督と共に日本のアニメーション界を牽引してきた高畑勲監督が5日、都内の病院で亡くなった。82歳だった。死因は分かっていないが、昨年の夏ごろに体調を崩し、その後入退院を繰り返していたという。

 三重県出身。1970年代にテレビシリーズの「ルパン三世」「アルプスの少女ハイジ」「赤毛のアン」などの大ヒット作を手がけた後、85年には宮崎監督と共にスタジオジブリを設立。88年公開の映画「火垂るの墓」では、終戦前後の混乱を生きる兄妹の悲劇を描き、モスクワ児童青少年国際映画祭でグランプリを獲得した。

 その後も「おもひでぽろぽろ」「平成狸合戦ぽんぽこ」など社会的な作品を多く発表。人気は世界に広まり、2015年にはフランス芸術文化勲章のオフィシエを受章した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る