朝ドラで美貌が評判…シングルマザー松雪泰子の男前な日常

公開日: 更新日:

 1人は高村晃平という俳優で、松雪と同じ事務所に所属。もう1人の弟もかつてミュージシャンとして活動していたが、売れない2人の生活をずっと彼女が支えてきたというのは有名な話だ。

 そんな松雪に再婚の噂が出たことがある。2012年のことだ。相手は俳優の小島雄貴(35)。

 当時、結婚間近との報道もあったが、松雪は小島のプロポーズに決して首をタテに振らなかったという。その理由は弟たちの経済的サポートを続けるためだったらしい。以来、熱愛の噂はない。

 母親業も弟の世話も一切手を抜かない松雪だが、かつては、ハーレーダビッドソンを乗り回し、朝まで飲み明かす“男前”な姿もあった。今も時々、その片鱗をのぞかせることがある。

「半年ほど前、渋谷区の瀟洒なスポットで頻繁に松雪さんの姿を見かけました。所属事務所の大型ワゴン車のハンドルを自ら握り、駐車スペースにきれいに縦列駐車させると、後部座席に移ってドカッと座り紫煙をくゆらせ始めたのです。何をするのかと思ったら、台本を熱心に読み込んでいました。今振り返ると、朝ドラのためにセリフを覚えていたんですね」(ワイドショー関係者)

 気品すら漂わせる美人なのにどこか親しみやすく、主婦層の心を捉えて離さないのは男前の一面を持ち合わせているからかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  2. 2
    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  5. 5
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

もっと見る

  1. 6
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 7
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  3. 8
    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

  4. 9
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  5. 10
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった