城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

山口への金銭的サポートは入院や養育費負担への温情措置

公開日: 更新日:

 およそ2週間にわたって、TOKIOの山口達也クン(46)の強制わいせつ・書類送検の話題が続いた。

 本人はもちろん、他のメンバー4人も涙ながらに記者会見し、結局、ジャニーズ事務所は山口との契約を解除し、TOKIOは4人で活動していくというところに落ち着いた。

 結果論ではあるが、最善策での対応だったと思われる。ファンや当人たちの中では、5人での活動ができないことを残念に思うところがあって当然だろうが、TOKIOの存続を考えれば、影響が大き過ぎるわけで、仕方のないところだ。

 テレビのレギュラー番組もメンバー全員のもの、個々のものがあるが、CMも複数あって、すべてが困ってしまう。

 ジャニーズ事務所としては、書類送検を受けて即時解雇という選択肢もあったはず。事実、その昔、薬物で逮捕されたジャニーズタレントは直後にクビになったし、10代で酒とたばこが見つかったJrの子がそのまま退所になったこともある。ただ、TOKIOはやはり別格の存在で、年齢的にもメンバー全員の考え方、それぞれの意見もある。だからこそ、ジャニーズのトップ、ジャニー喜多川社長はTOKIOのリーダー城島茂と話をし、まずはメンバーたちの意見を尊重するとして無期限謹慎とした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  3. 3

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  4. 4

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  5. 5

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

  10. 10

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

もっと見る