城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

山口への金銭的サポートは入院や養育費負担への温情措置

公開日: 更新日:

 およそ2週間にわたって、TOKIOの山口達也クン(46)の強制わいせつ・書類送検の話題が続いた。

 本人はもちろん、他のメンバー4人も涙ながらに記者会見し、結局、ジャニーズ事務所は山口との契約を解除し、TOKIOは4人で活動していくというところに落ち着いた。

 結果論ではあるが、最善策での対応だったと思われる。ファンや当人たちの中では、5人での活動ができないことを残念に思うところがあって当然だろうが、TOKIOの存続を考えれば、影響が大き過ぎるわけで、仕方のないところだ。

 テレビのレギュラー番組もメンバー全員のもの、個々のものがあるが、CMも複数あって、すべてが困ってしまう。

 ジャニーズ事務所としては、書類送検を受けて即時解雇という選択肢もあったはず。事実、その昔、薬物で逮捕されたジャニーズタレントは直後にクビになったし、10代で酒とたばこが見つかったJrの子がそのまま退所になったこともある。ただ、TOKIOはやはり別格の存在で、年齢的にもメンバー全員の考え方、それぞれの意見もある。だからこそ、ジャニーズのトップ、ジャニー喜多川社長はTOKIOのリーダー城島茂と話をし、まずはメンバーたちの意見を尊重するとして無期限謹慎とした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  6. 6

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  7. 7

    元巨人・二岡智宏さんは独立L富山の監督で優勝を目指す

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  10. 10

    専門家が分析 米中貿易戦争に負けない力強い日本企業59社

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る