• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
溝口敦
著者のコラム一覧
溝口敦ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年7月5日生まれ。早大政経卒 徳間書店、博報堂勤務を経て、フリージャーリストに。暴力団や闇の世界に深く食い込んだド迫力ルポには定評がある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞、日本ジャーナリスト会議賞受賞。『暴力団』(2011年)がベストセラーに。

山口事件で思い出した NHK「教育番組」打ち上げの破廉恥話

「週刊文春」が「TOKIO山口達也に女子高生を“献上”NHKの大罪」として、NHK・Eテレを批判している。記事を読み、筆者は7、8年前、知人から聞いた話を思い出した。

 あまり売れていない古参の女性タレントHが司会役でNHKの教育番組に出ていた。その番組が一段落してスタッフ、出演者ともども打ち上げをすることになった。会場は六本木1丁目、泉ガーデン内の一室と聞いた。そこは出入りする広告会社の社員の持ち物だったらしい。ワインやつまみなどはスタッフや関係者が用意し、気兼ねなく安上がりにドンチャン騒ぎするつもりだったのだろう。

 知人の女性Kは元レースクイーンで、タレントHの友達である。Hは、Kを連れて行けばNHKのスタッフが喜ぶと考えたのか、何日も前からKに「一緒に行こうよ」と誘っていた。KはHよりそうとう若く美人だが、芸能人ではなく、Hが出ていた番組ともいっさい関係がない。当然、スタッフとは面識がなく、番組に出ようなどとの野心もないから、これを機に知り合おうとも思っていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事