追悼・西城秀樹さん 貫いたスーパースターの矜持と美学

公開日: 更新日:

 ずばぬけたアイドル性で一世を風靡したが、ヒデキは“プロデュース力”にも長けていた。

「西城さんはレッド・ツェッペリンなど洋楽好きで、マイクスタンドの振り上げ、巨大クレーンで宙吊りになって歌う、ペンライトを振る、シースルーの衣装、野外ステージ公演など実は秀樹さんが日本初。全てご自身のアイデアだったそうです。会場と一緒に歌うという『YOUNG MAN』のスタイルもご本人の発案。ウッドストックに影響を受け“野外イベントを誰よりも早くやりたかった”とおっしゃっていたり、日本の音楽シーンを変えた方でした」(松竹DVD「西城秀樹還暦記念企画 ブロウアップ ヒデキ」担当者)

 2003年に脳梗塞を発症、11年に再発してからは半身にまひが残り、体が不自由になってもステージに立ち続ける姿は共感を呼んだ。退院後は毎日、朝9時から2時間はリハビリ、ボイストレーニングを40分間こなし、プールではアスリート並みのハードな歩行訓練もこなし、還暦コンサートを成し遂げた。日刊ゲンダイ本紙の3年前のインタビュー(写真)では「体が萎縮してしまったのでリハビリは悲鳴を上げるほど痛いですよ。でも、何とかしたいから。歌には音符があるから発声しやすい。声量も変わりません」と語っていた。子供たちの父兄参観には必ず出席し、ディズニーランドに連れて行くイクメンでもあったヒデキ。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  10. 10

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る