追悼・西城秀樹さん 貫いたスーパースターの矜持と美学

公開日:  更新日:

 ずばぬけたアイドル性で一世を風靡したが、ヒデキは“プロデュース力”にも長けていた。

「西城さんはレッド・ツェッペリンなど洋楽好きで、マイクスタンドの振り上げ、巨大クレーンで宙吊りになって歌う、ペンライトを振る、シースルーの衣装、野外ステージ公演など実は秀樹さんが日本初。全てご自身のアイデアだったそうです。会場と一緒に歌うという『YOUNG MAN』のスタイルもご本人の発案。ウッドストックに影響を受け“野外イベントを誰よりも早くやりたかった”とおっしゃっていたり、日本の音楽シーンを変えた方でした」(松竹DVD「西城秀樹還暦記念企画 ブロウアップ ヒデキ」担当者)

 2003年に脳梗塞を発症、11年に再発してからは半身にまひが残り、体が不自由になってもステージに立ち続ける姿は共感を呼んだ。退院後は毎日、朝9時から2時間はリハビリ、ボイストレーニングを40分間こなし、プールではアスリート並みのハードな歩行訓練もこなし、還暦コンサートを成し遂げた。日刊ゲンダイ本紙の3年前のインタビュー(写真)では「体が萎縮してしまったのでリハビリは悲鳴を上げるほど痛いですよ。でも、何とかしたいから。歌には音符があるから発声しやすい。声量も変わりません」と語っていた。子供たちの父兄参観には必ず出席し、ディズニーランドに連れて行くイクメンでもあったヒデキ。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  5. 5

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

もっと見る