小田桐誠
著者のコラム一覧
小田桐誠立教大学・武蔵大学非常勤講師

1953年青森県生まれ。出版社勤務を経て79年から著述業に専念。著書に「ドキュメント生協」「消えたお妃候補たち」「PTA改造講座」「テレビのからくり」「NHKはなぜ金持ちなのか?」など。07年9月から15年3月までBPO「放送と青少年に関する委員会」委員を務める。

テレ朝・坪井直樹アナ 安定した進行と何気ない会話に好感

公開日:

診断結果は…【良】

 日大アメフト部員による関西学院大学のQB潰し事件。先月29日朝のテレビ朝日系「グッド!モーニング」の「7時のニュースまとめ」では、元部員が監督・コーチの日常的な暴力を証言した。

 その内容は「内田監督が復帰して3カ月で20人が退部。胸の乳首をつねられたり、顎を手のひらで殴られ痛くてかがんでいるところに肘鉄が飛んできたり」という衝撃的なもの。退部を告げると「考え直せ」と言われ、夜中に電話してくるだけではなく、直接自宅を訪ねてきて「中にいるのはわかっているんだぞ」などと叫びながら窓を叩くなど半端ではない。<27日の保護者会で一部コーチが「監督から指示があった」>と認めたことを証言したのは現役の部員だ。

 OB会が内田派と反内田派に分裂している状況も伝えられ、MCの坪井直樹は眉間にしわを寄せながら「一番かわいそうなのは現役部員とまともなOB。つらいと思う。力で統率するのは一昔前、二昔前の発想」と直球のコメントを発した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る