小田桐誠
著者のコラム一覧
小田桐誠立教大学・武蔵大学非常勤講師

1953年青森県生まれ。出版社勤務を経て79年から著述業に専念。著書に「ドキュメント生協」「消えたお妃候補たち」「PTA改造講座」「テレビのからくり」「NHKはなぜ金持ちなのか?」など。07年9月から15年3月までBPO「放送と青少年に関する委員会」委員を務める。

テレ朝・坪井直樹アナ 安定した進行と何気ない会話に好感

公開日: 更新日:

診断結果は…【良】

 日大アメフト部員による関西学院大学のQB潰し事件。先月29日朝のテレビ朝日系「グッド!モーニング」の「7時のニュースまとめ」では、元部員が監督・コーチの日常的な暴力を証言した。

 その内容は「内田監督が復帰して3カ月で20人が退部。胸の乳首をつねられたり、顎を手のひらで殴られ痛くてかがんでいるところに肘鉄が飛んできたり」という衝撃的なもの。退部を告げると「考え直せ」と言われ、夜中に電話してくるだけではなく、直接自宅を訪ねてきて「中にいるのはわかっているんだぞ」などと叫びながら窓を叩くなど半端ではない。<27日の保護者会で一部コーチが「監督から指示があった」>と認めたことを証言したのは現役の部員だ。

 OB会が内田派と反内田派に分裂している状況も伝えられ、MCの坪井直樹は眉間にしわを寄せながら「一番かわいそうなのは現役部員とまともなOB。つらいと思う。力で統率するのは一昔前、二昔前の発想」と直球のコメントを発した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  7. 7

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る