ミス・アメリカ水着審査廃止でミス日本は? 事務局に聞く

公開日: 更新日:

 1921年から続く米国のミスコン「ミス・アメリカ」機構が5日、水着とイブニングガウンの審査を廃止すると発表。同機構の理事長が「私たちはもはや美人コンテストではない」「出場者を今後、外見で判断しない」と述べたと報じられ、日本のネット上もカンカンガクガクだ。

「外見もその人の個性だと思う」「美しさだけ頭から否定するのは変」などなど、“廃止反対派”を中心に大いに盛り上がっている。

 とはいえ、何かとアメリカの後追いをしがちな日本。日本のミスコンも水着審査がなくなるんじゃないか。

 1950年に始まった「ミス日本コンテスト」は、「美と健康で、より良い社会を築く」を目的に毎年1月に開催。事務局によると、「内面・外見・行動」の“3つの美”を備えた女性を選んでいる。それを審査するためにパーティー審査、ステージ審査を2日間で行い、パーティー審査では社交性を判断、ステージ審査では和装、ドレス、そして水着の衣装で審査員の質問に答えるという。要するに水着審査もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  7. 7

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  8. 8

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  9. 9

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  10. 10

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

もっと見る