• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

 27日都内で行われたモバイルゲーム「妖怪ウォッチワールド」のお披露目会見にCMキャラクターをつとめる俳優の坂口健太郎(26)が登場した。

 同ゲームは位置情報ゲームで「妖怪ウォッチ」の既存キャラクターのほか、今後オリジナルキャラを投入する。どんな新キャラが欲しいかとの質問に坂口が「なかなか寝付けない方なので、添い寝してくれる妖怪キャラが欲しい」とコメントすると、同時配信を視聴していた女性ファンから立候補コメントが殺到。イケメンの実力をライブで見せつけた。

■4Hの鉛筆

 坂口は「メンズノンノ」(集英社)の専属モデルオーディションをきっかけに19歳でモデル活動をスタート。16年春にNHK連ドラの「とと姉ちゃん」で高畑充希(26)と共演。4月に「シグナル 長期未解決事件捜査班」(フジテレビ系)で連ドラ初主演を果たし、俳優として頭角を現しているが、同世代の菅田将暉(25)と比べると坂口は塩顔で目力も主張もやや薄め。「ミュージックビデオでアーティストを食わない、引き立てるタイプ」(音楽業界関係者)とも。コラムニストの桧山珠美氏は「4Hの鉛筆で描いたような薄さ」と表現し、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  9. 9

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  10. 10

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

もっと見る