• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

 27日都内で行われたモバイルゲーム「妖怪ウォッチワールド」のお披露目会見にCMキャラクターをつとめる俳優の坂口健太郎(26)が登場した。

 同ゲームは位置情報ゲームで「妖怪ウォッチ」の既存キャラクターのほか、今後オリジナルキャラを投入する。どんな新キャラが欲しいかとの質問に坂口が「なかなか寝付けない方なので、添い寝してくれる妖怪キャラが欲しい」とコメントすると、同時配信を視聴していた女性ファンから立候補コメントが殺到。イケメンの実力をライブで見せつけた。

■4Hの鉛筆

 坂口は「メンズノンノ」(集英社)の専属モデルオーディションをきっかけに19歳でモデル活動をスタート。16年春にNHK連ドラの「とと姉ちゃん」で高畑充希(26)と共演。4月に「シグナル 長期未解決事件捜査班」(フジテレビ系)で連ドラ初主演を果たし、俳優として頭角を現しているが、同世代の菅田将暉(25)と比べると坂口は塩顔で目力も主張もやや薄め。「ミュージックビデオでアーティストを食わない、引き立てるタイプ」(音楽業界関係者)とも。コラムニストの桧山珠美氏は「4Hの鉛筆で描いたような薄さ」と表現し、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る